65歳以上でも利用できるカードローンとは?

MENU

65歳以上でも利用できるカードローンとは?

カードローンを利用したい時、申し込みをする金融機関によって提示されている条件には多少の違いがあります。その中の1つとして年齢制限があります。最低年齢は20歳以上となっていてこれはどの金融業者も同様ですが、最高年齢については業者により違いがあります。
最高年齢については銀行よりも消費者金融系カードローンの方が高めとなっているので、ある程度の年齢に達した時は銀行系カードローンを利用できる所が限られて来るという事になります。

 

 

 

 

 

【銀行系カードローン利用の制限年齢】

 

 

現在大手の銀行やネット銀行の中で銀行系カードローンを利用できる年齢で最高の設定をされているのは、新生銀行レイクの「70歳以下」です。この場合は70歳までは借入れ可能となります。次いでネット銀行のジャパンネット銀行の「70歳未満」です。この場合では70歳に達してしまうと利用ができないので、69歳以下という事になります。
それぞれの金融機関では「以下」や「未満」の言葉を使い分けているので、混同をしないようにしましょう。

 

その次には、「65歳」と一つのボーダーラインとしていて、その場合でも金融機関によって「以下」と「未満」を使い分けています。
そして次のボーダーラインは「60歳」で、こちらも金融機関によって同様な言葉の使い分けがされています。

 

会社を退職した後も嘱託などで働く人が現在は増えていますが、更に高齢となると今度はシルバー人材等で働く人もいます。またそれ以降に年金の受取ができるようになってもそれまでよりも年収が減ってしまう事も多いです。そのような理由で銀行も年齢制限をしているのでしょう。

 

 

【消費者金融系カードローンの年齢制限】

 

消費者金融系カードローンでの年齢制限は、上限年齢の表記では一様に「以下」となっているので分かり易いです。
プロミスやアコム、アイフル、ノーローンの上限年齢は一律「69歳以下」となっています。そしてモビットだけは65歳以下となっているので、この年齢に達した時は年齢制限の範囲に入る事のできる消費者金融を利用しなくてはならないという事になります。

 

65歳に達すると銀行系カードローンの利用な難しくなるようなので、消費者金融系カードローンの利用を考えます。

 

 

 

 

【年金を受給している人はカードローン利用できる?】

 

カードローンを利用りたい時、それが65歳以上の年金生活者である場合は、審査に通らない事が多いようです。年金は定期的に支払われるものなので、安定した収入があると言えます。それでも金融機関によって違いますが、アルバイト等の年金以外の収入がある人の方が審査に通りやすいという事が現状のようです。

 

http://お金借りるなら.tokyo

更新履歴